nicoriブログ

現役の治療家が身体について教える、あなたのための「頼れる」情報発信メディアです。

肩こりで悩んでいる方必見!!知っておきたい肩こりの話

多くの方が経験する肩こり、実は驚きの事実が沢山あるのです。病院や整骨院に行くほどでもないけど、肩が凝る、肩が痛いそう感じている方は多いのではないでしょうか?
また長年続く肩の痛みに関してナーバスになっている人にも今回のお話しは是非読んで頂きたい内容になっています。以外に知らない肩こりの話をしたいと思います。

 

【目次】


  • 日本人の3000万人が悩んでいる??
  • 肩こりは身体の不調箇所1位?2位?
  • 93%の方が姿勢に問題を抱えている?
  • 姿勢が原因の可能性大の症状
  • 姿勢は美容にもスポーツにも関係が!!
  • では肩こりに一番関係するのは?

 

日本人の3000万人が悩んでいる??


日本人の3000万人が悩まされていて、国民病とも言われている肩こり。その肩こりの原因の多くは姿勢の悪さにあります。人体の構造は背骨の頸椎という骨の上に約5~6㎏の頭が乗っかっていて、頸椎と筋肉で支えています。
参考としてはボーリングのボールを手で持っているイメージしてください。近くで持てれば、負担が少なく、遠くで持つことで負担が増えることがイメージ
出来ると思います。

このようにボーリングのボールと同じように姿勢が悪くなり頭が前方に出てくるとこうなります。頭は体重の7-8%あり、頭が前方に3㎝前にいくと約10㎏ぐらい負担がかかります。
肩こりに悩まされているほとんどの方が姿勢の悪さにより、頭が背骨の上に正しく乗っていません。そうすると頭を筋肉のみで支えている為、筋肉への負担が増えて痛みやこりが出やすくなってしまいます。

 

肩こりは身体の不調箇所1位?2位?


肩こりは女性では1位、男性では2位となっており、いかに悩んでいる方が多いかがわかります。
統計上、日本では3人に1人は身体が悪いとデータがあります。
多い順では「肩こり」「腰痛」「膝痛」になっています。

肩こりが自覚症状ですが、専門家から見ると、肩こりでも様々な原因がああります。
85%の方は病院に行っても問題はないと言われます。なぜかと言うと、ほとんどが「姿勢」の原因!!痛みを訴える箇所に問題があるのではなく、カラダ全体のバランスに問題があります。

 

93%の方が姿勢に問題を抱えている?


約73%が「筋肉の不均衡状態」と言われております。

日常生活、スポーツ、事故、過体重、仕事(PC、繰り返し作業)テレビゲーム、携帯電話など・・・・が多くの原因と言えます。

 

約20%が「骨の変形」と言われております。

骨折、側弯症、解剖学奇形など・・・の原因が考えられます。

 

姿勢が原因の可能性大の症状


首の痛み、肩の痛み、腰の痛み、膝の痛み、頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、息切れ、冷え症、胃腸不良、各種内蔵疾患、 生理痛、生理不順、O脚、外反母趾
など多くの症状が出現することが多いです。
病院で異常がないと言われた、投薬をしても変わりがあまりない場合は姿勢の問題がある可能性があります。

 

姿勢は美容にもスポーツにも関係が!!


美容の面では、

・プロポーション(ウエストサイズ、ヒップ・バストの形状、若々しさ)

・ダイエット(基礎代謝、内臓機能(自立神経)

上記の二つは姿勢の関係性があり、ウエストも姿勢次第で8~10㎝ほど変わります。

いかに姿勢が重要かがわかると思います。

 

運動(スポーツ)の面では、

・ケガ予防・リハビリを行う上で

骨格の歪み、筋肉の問題(収縮・伸展・左右前後のアンバランス)、運動神経系の問題

・パフォーマンスの向上では

運動神経の伝達、骨格・筋肉のバランスなどが姿勢によって関係してきます。

特に下記姿勢の右側2つの姿勢での運動はケガを起こす原因となります。

 

 

 

では肩こりに一番関係するのは?


肩こりに一番関係する筋肉は『僧帽筋』という筋肉です。僧帽筋はアウターマッスルに分類されます。アウターマッスルとは、身体の表層にあり、強い力を発揮する時に働く為、持久力が乏しい筋肉(短距離選手のようなイメージ)です。その持久力が乏しい筋肉に毎日5~6㎏の頭を20時間近く支えさせていたら疲労が溜まって痛みやこりが出てしまったり、アウターマッスルを傷つけてしまうのは当然です。

ちなみに、筋肉は大別するとアウターマッスルとインナーマッスルに分類されます。インナーマッスルとは、別名姿勢維持筋と呼ばれ深層で骨や関節、内臓の周辺にあり、トレーニングでは鍛える事が難しいと言われています。主に姿勢を維持する、関節を固定する、関節痛を軽減させる、アウターマッスルの補助といった役割を担っていて、強い力を発揮する事はありませんが、持久力に優れている筋肉です。   上記の内容で肩こりを改善するには姿勢が大事という事がなんとなくお分かりになったかと思います。ですが、姿勢が良い方が良いのは分かっているけど、『どうしたら姿勢が良くなるの?』『姿勢を意識しているけど中々良くならない』という方が多いと思いますので、姿勢を良くする方法をお伝えしていきます。   姿勢を良くする為には、インナーマッスルの強化が不可欠! 姿勢が悪い方の特徴はインナーマッスルの筋力が低下している事と筋肉や関節が硬くなっている事です。インナーマッスルの筋力が低下すると姿勢が悪くなり、関節痛が出現したり、アウターマッスルに余分な負荷がかかり痛めたりしてしまいますので、筋肉と関節の柔軟性を身に付けて、インナーマッスルを強化する事が重要です。 肩こりを改善したいとお考えの方は、筋肉・関節を柔らかくして、インナーマッスルを鍛えてみましょう!

詳しくはこちらをクリックしてください。

インナーマッスル、アウターマッスルについての詳細は別記事で記載しますので、お楽しみにしていてください。

 

 

 

当院では単に痛みを取り除くだけではなく、身体全体の痛みや不調の根本的な原因を取り除く為に「骨盤の矯正」「脊椎の矯正」「筋肉の調整」「神経系の調整」を様々な手法を用いて最適な施術を提供しています。お気軽にご相談頂けましたら幸いです。

【肩こりブログシリーズ】

寒気を感じる!冷えからくる肩こり~nicori整骨院「肩こり」シリーズ ①~

 

 


お問合せはこちらから!!

ご予約はこちらから!!

東京都江東区 門前仲町、木場、富岡エリア

〒135-0047

東京都江東区富岡2-9-1ジョイフル門前仲町第2ビル

TEL:03-5875-8797

mail: info@nicoriseikotsuin.com

nicori整骨院

※当サイトで紹介している効果・効能については個人差のあるものであり、必ずしもそれを保証するものではありません。

あなたの痛みはどこから?

当院での問診の様子から施術の流れまでを疑似体験いただけます。
該当するお悩みをクリックしてください。

  • 首・肩の痛み
  • 腰・背中の痛み
  • 膝・足の痛み
  • スポーツの怪我

健康保健を使って施術を受けられます

  • 保健診療 料金表
  • 交通事故のケガ・後遺症でお困りの方はこちら
  • 仕事中のケガでお困りの方はこちら