nicoriブログ

現役の治療家が身体について教える、あなたのための「頼れる」情報発信メディアです。

江東区門前仲町 木場にあるnicori整骨院_ゴルフ肘による症状でお悩みの方へ①

こんにちは!江東区門前仲町、木場エリアにありますnicori整骨院です。

本記事では当院で来られている患者様の悩みが多い「ゴルフ肘」について記載させて頂きます。

まずはゴルフ肘がどんな症状でなぜ起きるのか? 記載させて頂きます。

では記事をご覧ください。

 

【ゴルフ肘の人の悩み】

・スイングすると肘が痛い

・マットにクラブをゴンゴンぶつけた後、肘が痛くなった

・フィニッシュ時に肘をたたむとき激痛が走る

・自己流のフォームで練習をしていたら肘が痛くなった

・合わない重さのクラブ(重め・軽め)を使っていたら肘が痛くなった

・大会前で多く練習してしまった

 

【ゴルフ肘とは?】

上腕内側上顆炎のことを、通称「ゴルフ肘」と言います。

良く聞くテニス肘も、ゴルフ肘と同じスポーツ障害ですが、ゴルフ肘とは逆で、上腕骨外側上顆に炎症を起こした状態です。

安静にしているときはほとんど痛みはありませんが、特定の動きをすると、肘の内側に疼痛(ズキーンと痛む)が生じたり、内側上顆部を押すと、痛んだり不快な感覚が生じます。

ゴルフ肘は、上腕(肘から先)の筋肉の緊張により、上腕骨内側上顆に負担がかかって起こるのですから、肘から先の動きが大きく影響します。

上の図の赤丸の部分が上腕骨内側上顆でここに痛みがでることを「ゴルフ肘」と言います。

 

 

 

【原因は手首が原因?】

ゴルフ肘の炎症を起こす上腕骨内側上顆部は、指や手首を曲げる筋肉(橈側手根屈筋、尺側手根屈筋)、肘を曲げたり内側に捻る筋肉(円回内筋)の付け根にあたる部分です。

手首をひねる動作(ドアノブをひねるような動作)は、手首の関節の動きだと思われがちですが、肘関節と連動した動きです。試しに、手首を逆の手で握っててこの動作を行ってみてください。握った手も一緒に肘から捻らないとできないのがわかりますね。

指や手首の動きと、肘は連動しているんです。

ですから、体幹がうまく使えていない、他の痛みを庇って手打ちのスイングをすると、肘の故障が多いです。

ゴルフのスイングでは、手首はほとんど動かさないのですが、腰の回転や肩の動きが悪いと、どうしても手首を使った、“手打ちのスイング” になってしまいます。

 

 

 

【痛い部分を治療しても治らない】

上腕骨内側上顆部は指や手首を曲げる筋肉(橈側手根屈筋、尺側手根屈筋)、肘を曲げたり内側に捻る筋肉(円回内筋)の付け根にあたる部分ですので、肘を治療していても治りません。

重要なことは前腕部分を治療することです!!

↑の通り肘から前腕まで筋肉がつきますので、前腕部分を治療をすれば痛みは解決していきます。

 

 

 

↓当院ではハイボルト治療でゴルフ肘に対して施術を行っています。電気治療が苦手な方には、手を使って施術を行いますのでご安心ください。

 

 

 

 

最後に今回は自宅で出来る前腕のストレッチをご紹介させて頂きます。

↑こちらのストレッチは手首の角度を変えること!肘の曲げる角度を変えることが重要になります。

※モデルは大城先生です!!

 

↑こちらのストレッチは四つんばいの姿勢で手首を返して、身体の重心を後ろに下げていくことが重要です。

※モデルは大城先生です!!

 

次回はゴルフ肘は原因は他にもある?について発信させて頂きます。

こちらの記事はシリーズで更新していきますのでお楽しみにしてください。

【ゴルフシリーズ記事】

江東区門前仲町 木場にあるnicori整骨院_ゴルフ肘による症状でお悩みの方へ②

 

 


お問合せはこちらから!!

ご予約はこちらから!!

東京都江東区 門前仲町、木場、富岡エリア

〒135-0047

東京都江東区富岡2-9-1ジョイフル門前仲町第2ビル

TEL:03-5875-8797

mail: info@nicoriseikotsuin.com

nicori整骨院

※当サイトで紹介している効果・効能については個人差のあるものであり、必ずしもそれを保証するものではありません。

あなたの痛みはどこから?

当院での問診の様子から施術の流れまでを疑似体験いただけます。
該当するお悩みをクリックしてください。

  • 首・肩の痛み
  • 腰・背中の痛み
  • 膝・足の痛み
  • スポーツの怪我

健康保健を使って施術を受けられます

  • 保健診療 料金表
  • 交通事故のケガ・後遺症でお困りの方はこちら
  • 仕事中のケガでお困りの方はこちら